So-net無料ブログ作成
検索選択
海外編 ブログトップ

魅惑のカキ氷(台湾スイーツその3) [海外編]

台湾旅行に行く前から情報収集し、何があろうとこれだけは絶対食べたい!と思っていたのがカキ氷。

標的は2店舗!

1店舗目は士林夜市の屋外版の方にある辛發亭』。

日本だったら絶対に行かないだろーなーという外観(黄色の看板にピンクの文字)のお店です。しかもこの名前。漢字からすると激辛の店っぽい(笑)のに、なんと30年も続くカキ氷屋さんなのです。訪れたときも地元の人でいっぱいでした。さて、ここの名物は

『雪片冰』と呼ばれるミルク味の氷。バリエーションはフルーツとかチョコとかお豆とか様々。

私達が今回注文したのはその名も『新鮮芒果雪片』

マンゴーの雪片冰です!

一口食べて絶句。ミルク氷の程よい甘さ、マンゴーとの絶妙な相性。想像してみて下さい、ミルキー・・・だけどマンゴーは完熟で甘酸っぱく・・・そして何よりも口どけがいいのなんのって!口に運ぶとそっと溶けていくみるく氷・・・ふわっ・・・しゅわっ・・・。「おいしーっ[exclamation×2]日本では考えられないくらいに惜しげもなくのっかっているマンゴーも感動もんです。私達はこんなにおいしいものを今まで知らずに生きてきたのか!と夫婦で感激する味でした。食べ終わってからも「いちごのっけてもおいしいよなー。チョコもシンプルでええなぁ」などと後引くおいしさでした。

 さて、『辛發亭』の感動から一夜明け、向かった先は、永康街にある
『冰館 Ice Monster』

名前からして期待させてくれます。モンスターですよモンスター。

実はこの店に行くまでに私達は同じく永康街にある小籠包の名店「ディンタイフォン」でたらふく食べておりました。勢いにまかせてがんがん注文しまくって、お店の方に『おおいよ・・・』と片言で注意報を出されたくらいです。その「ディンタイフォン」で完食し、お腹パンパンになりながら腹ごなしに近くの公園を一周し(もちろん消化せず)、執念で向かったお店です。この時ほどギャル曽根の胃を羨ましく思ったことはありません。

ここで注文したのが『スーパーフルーツ盛り合わせカキ氷』

期待させてくれるねモンスターよ[exclamation×2]

すごいっ。[ぴかぴか(新しい)]モンスターと言う名に恥じないこのボリューム。こんなにフルーツのってるよ・・・。イチゴ、キウイ、そしてマンゴー!!!そして「おいしーっ[exclamation×2]これはっ、フルーツのカキ氷というより、「新鮮フルーツの氷添えマンゴーアイスと共に」みたいなメニュー名がぴったりじゃないでしょうか。とにかく食べ応えのある一品でした。
このお店の支店?が大阪難波にあるとネットで発見!!これは行かねば!!


余談ですが、京都だと夏限定ですが桂の「中村軒」でマンゴー氷が食べられる。ここのは京都らしい上品な氷[ぴかぴか(新しい)]で、これまた絶品!

『中村軒』のマンゴー氷↓


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

すいかジュース(台湾スイーツその2) [海外編]

士林夜市で愛玉ゼリーにもらったパワーが薄れ始めて「喉かわいたーっ」[ふらふら]と思っていたとき(愛玉を飲んだあとに激辛のトッポギや巨大唐揚げなんぞを食べたからなんですけどね)目に入ったのがフレッシュフルーツジュースの屋台!ちょうど士林夜市の飲食専門館?の入り口あたりにあったそのお店で買ったのがこの

「すいかジュース」

私より果敢にチャレンジするタイプの旦那様が注文。横で見ていた私は「スイカジュースって・・・まずいんちゃうんっ。絶対しゃびしゃびで・・・なんでこれを頼むかー?」と心の中でつぶやく[がく~(落胆した顔)]マンゴージュースならともかく、こういう系統ってはずれが多いでしょ。そもそもスイカが大好きな私。でもこの手のやつにはことごとく裏切られまくってきたのです。アイスのスイカバーも然り。「スイカはスイカのまま食べるのが一番美味しい」が自論でした。

全く期待せず注文していたのは旦那様も同じだったようで(ほんまチャレンジャーです)すが・・・

一口飲んだ瞬間、旦那様の顔が変わるのを私は見逃しませんでした。

「これめっちゃおいしいっ

すかさず、私がそのスイカジュースを奪ったのは言うまでもありません。飲んでみてびっくり[ぴかぴか(新しい)]スイカそのものじゃありませんか。しかもかなりあまーいスイカを食べた時のあの味。しかもそのスイカのさらに甘い部分(切ったときの先っちょの部分)だけを食べているかのような美味しさです。

期待せず飲んだからこそ感動もひとしおでその後二人で一気に飲み干したのは言うまでもありません。旦那様のおいしいものセンサーにも敬服です。

騙されたと思って(騙されませんから)一度ご賞味下さい!

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛玉ゼリー(台湾すいーつその1) [海外編]

記念すべき初ブログ[晴れ]はちょうど先週、旦那様と行った台湾の『おいしい』から。

とにかく食べることが大好きな二人ですから、とにかく食べまくりの旅ということで、旦那様の少し遅い夏休みを利用して台北に行ってきました[飛行機]

まずは食べ物の宝庫??士林夜市へ!

MRTの駅を降りるとすでに熱気ムンムン。「アジアやなー」とパワーのすごさを楽しみつつ奥へ進んで行ったところで見つけたのが

この『愛玉ゼリー

この名前もかわいいぷるんぷるんのゼリー。注文前の見た目は食べ物ですが、シロップをカップに入れてシェイクシェイクして手渡されたらなんと飲み物に変身。うぉーなんという手際のよさ!では一口いただきます。じゅるるんっ。太めのストローからほどよくつぶれたゼリーと台湾レモンの程よい酸味。ふふっ[揺れるハート]思わず二人ともにんまり。 「おいしぃー!!!」  すっきりしたレモンティーって感じ。ほんとさわやかでおいしいっ。この時期(9月下旬)気温30度・湿度80%のひっじょーに不快指数の高い台湾[ふらふら]。そんな台湾の気候を不快から一気に爽快にしてくれるスーパードリンクです!(オーバーかな?)

士林以外の夜市でもいたるところにありますので台湾に行かれる際は是非!お勧めの一品です。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
海外編 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。