So-net無料ブログ作成
検索選択
愛猫編 ブログトップ

愛猫「まる」のこと [愛猫編]

少ししめっぽい話になってしまいますことをお許し下さい。

 

2008年12月27日夜、前日から、調子を崩し緊急入院していた愛猫「まる」が天国に行きました。

3歳8ヶ月。それはあまりにも突然で、早すぎるお別れでした。「まる」が我が家にやってきた日からいつかこんな日が来ることは覚悟していました。でも「まる」との生活があまりにも楽しく幸せで、そんな時間が永遠に続くとさえ最近は思っていたのかもしれません。そう思いたかった・・・。ぽにょさんが生まれて6ヶ月、旦那様がいて私がいてぽにょさんがいて、「びー」と「まる」がいる。本当に幸せでこのまま時間が止まってくれればいいのにと何度も思うことがありました。

甘えん坊でやんちゃでいつも私の後ろについてきたり、お腹の上で安心して眠ったり、足元に擦り寄ってきたり。自分で襖や網戸を開けたりする賢い猫でした。私が仕事でつらいときや落ち込んでいるとき、寂しい気持ちのときはいつも側にいてくれました。旦那様と喧嘩したときなんかは旦那様と私の間を行き来して喧嘩の仲裁までしてくれていました。

ぽにょさんが生まれてからはなかなか以前のようにはかまってあげられず寂しい思いもしていたと思います。それでもぽにょさんの頭を優しく舐めてあげたり、ぽにょさんが寝ているときを見計らって私に甘えてきたり、彼なりに我慢しながらもぽにょさんを受け入れようとしてくれていたように思います。

本当に言葉では表現できないくらいの「癒し」を私達に与えてくれていました。

我が家は今日も暖かい日差しに包まれて、ソファーベッドもキャットタワーも何にも変わっていません。だけど、そこに「まる」だけがいません。クローゼットの中や物陰にもしかしたらまるは隠れているだけじゃないかと何か物音がするたびに探してしまいます。もう一匹の猫「びー」もずっと「まる」を探しています。あんなに小さな体なのに「まる」の存在は私達家族にとって大きすぎで、ぽっかり心に穴があいたような感じです。

ぽにょさんのことを私も旦那様も何度「まる」って言い間違えたことか。。。その度に「まるはもうおらへんよ・・・」言い直して。「まる」は○○が好きだった、よくこうしていた、あの時おもしろかったよな~なんて気がつけば「まる」のことを話す言葉が全部過去形になっていることが切なくて悲しくて涙がとまりません。

今はとにかく何かしていないと心がどうにかなってしまいそうなので、無理やりにでもどこかに行ったり、ぽにょさんや「びー」と遊んだり、家の掃除をしたり忙しくしていようと思います。

昨日葬儀を済ませ、まるの遺骨の一部をキーホルダーに入れてもらいました。もう抱っこはできないけれどこれからもずっと一緒です。そしていつかまた私達のもとに生まれ変わってやって来てくれると信じています。ブログネームの「びーまる」ももちろんそのままで。

 

天国のまるへ

「大好きだよ。我が家にきてくれて本当にありがとう。また会える日を楽しみにしているよ。」

 

我が家にやってきた当時の「まる」

433987 

生後半年くらいの「まる」

427103

網戸を自分で開けたり、いたずらしたり。

840214827268

1406735442889

439964

 


nice!(1)  コメント(19) 
共通テーマ:ペット
愛猫編 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。